自動販売機のルーツとは

>

治安が良いと言われる日本が普及のカギ

トラブルが起こりにくい

日本に自動販売機が進出したのは、1962年だと言われています。
その頃から次第に自動販売機の台数が増えて全国的に広まりますが、大きな要因は治安の良さです。
治安が悪い地域では、自動販売機を設置しても壊されて、中身のドリンクや売上金を奪われてしまいます。
日本ではそのようなことがめったに起こらず、どこに設置しても安全性を維持できます。

逆に日本では自動販売機を設置すると深夜でも周囲が明るくなり、防犯対策に繋がるとして人気が高まっています。
今は自動販売機と同時に防犯カメラを設置する人も多く、さらの周辺住民の安全性が守られています。
つまり日本の治安がここまで良くなかったら、今のように自動販売機は街中で見かける存在ではなかったと言えます。

硬貨を使う自動販売機

1967年には日本で、100円硬貨が改鋳されるという出来事が起こります。
硬貨が大量に世の中に流通したことによって、主に効果で商品を購入する自動販売機が使いやすくなったことも普及した大きな要因です。
今でも硬貨を使用できますし、最近はキャッシュレス決済ができる自動販売機も登場しています。
技術がどんどん進んでおり、みんなが使いやすいような自動販売機が誕生するのは嬉しいですね。

特にキャッシュレス決済ができると、財布を持ち歩かなくても良くなります。
また身体が不自由な人のために背の低い自動販売機や、ボタンが下の方にある自動販売機も登場しており、これからの時代に合わせて、自度販売機はさらに進化していくでしょう。


この記事をシェアする

TOPへ戻る